毛深いのとホルモンの関係

毛深いのとホルモンの関係

毛深いのとホルモンには大きな関係があります。毛深い人は、男性ホルモンが多いと言われていいます。
男性ホルモンにはテストステロンという成分がたくさん含まれています。このテストステロンが、男性のヒゲやすね毛などの太い毛を生やしているのです。要するに、これが毛深い原因の1つと考えられるのです。

 

男性の場合、精巣と副腎からテストステロンというホルモンが製造されています。
女性の場合、副腎がこのホルモンを作り出しています。男女共、テストステロンというホルモンが多い人は毛深いことになります。テストステロンが多い人は、少ない人と比較すると、毛が太かったり色が濃かったりします。また、毛が伸びたり生え変わるのも早いので、毛深く感じるのは当然かもしれません。

 

毛深いのを阻止するには、テストステロンの分泌を抑えれば良いというのかというと、そうではなく、それをすると、今度はなくなって欲しくない場所まで毛がなくなることになります。そのため、ホルモンをどうかするのではなく、毛深い部分の毛をなんとかする方法の方が良いのです。脱毛エステに行って、気になる部分だけを脱毛するというのが一番良い方法と言えます。

 

毛深いのはやっぱり遺伝だった

子供の頃、なんで自分は毛深いんだろう?と思い悩んだことはありませんか?こうして考えると、どうして子供の時期から毛が深くなってしまうのかと疑問に思う親御さんもいらっしゃるはずですよね。毛深くない人は毛深い人の気持ちは正直、わからないと思います。

 

実際の所、個人の毛深さは遺伝によって親から子供へと継承されるという事が多いそうです。ですから、例外を除いては自分が毛深いことを悩んでいたら親御さんも毛深いと考えても良いと思います。さらに、親の方も毛深さが顕著であればその遺伝する確率もかなりの高さになるでしょう。しかし、だからと言って全てがすべて遺伝するというわけではなさそうです。
具体的には、娘の方が毛深いけれども、息子の方はそれほど毛深くないというケースも無きにしもあらずです。ですが、そうはいってもやはり遺伝する確率というのは非常に高い見たく、両親が毛深くて祖父母も毛深いとなればかなりの確率で子供の方も毛深くなるみたいです。この様にかなりの確率で、子供にも毛深さは遺伝するというのが実情です。

 

ですので、子供がコンプレックスを持ってしまうようであったら、何らかの処理をしてあげることが大切になるのではないでしょうか。

 

脱毛関西!関西で人気の脱毛サロン

お得に脱毛できるサロンが増えています。月に何度も通い早く済ませるのか、ゆっくりペースで済ませるのか自分のスタイルに合わせて脱毛サロンを選びましょう!